実行委員長挨拶

魚津祭組 実行委員長
永田慎太郎 (ながた しんたろう)

 この度、「第6回よっしゃ来い!!CHOUROKUまつり」を開催させていただくに際して、多数の教育機関様や各種団体様、市内外の企業様や地域住民の皆様、そして応援していただいている関係者の皆様方のご協力に対し、実行委員会を代表して心より感謝申しあげます。皆様のおかげで第5回目までよっしゃ来い!!CHOUROKUまつり を開催できたこと、そして第6回目のお祭りも皆様方の更なる期待を受けて開催できることを私自身幸せに感じて」 おります。よっしゃ来い!!CHOUROKUまつりは、毎年「魚津が踊り出す!」をキャッチフレーズに魚津駅前通りを会場にして、「よっしゃ来い!!踊り」を踊り舞うことをメインに開催しています。約650年前に作られた「魚津 せり込み蝶六」の音源や踊りを現代風にアレンジをして両手に扇子を持って踊り舞うのが「よっしゃ来い!!踊り」です。よっしゃ来い!!踊りを踊ることを通して子供や参加した方々が、このお祭りに係る我々の地域や市民の皆様などに対して思い出を持ち、または地域の活力を感じることによって、未来への希望が持てるお祭りにしたい と考えています。特に子供たちには将来、このお祭りに対する思い出が熱い想いに代わり、「よっしゃ来い!!CHOUROKUまつり」を伝統的な地域の大切なお祭りとなるように継続してくれることを願っております。
最後に、このお祭りを通して、皆様にとりましても地域の活力を実感できる素晴らしい日となりますよう「第6回よっしゃ来い!! CHOUROKUまつり」を開催しますので皆様どうぞ宜しくお願い致します。熱い仲間と一緒に皆様 を心よりお待ちしております。